海外で働く方法

海外に昔から憧れてた。

海外ドラマにハマっていた両親の影響で、小さい頃から海外に憧れていた私。
高校生の時にはオーストラリアに留学にも行った。
初めの頃はホームシックになりがちとよく聞くけれどそんなことは全くなくて、英語が伝わらなくても笑顔で身振り手振りしていたらどうにか伝わるし、楽しく過ごせていた。

 

半年もすれば英語はかなり上達し、日常会話には全く困ることはなくなってた。
ホストファミリーとの会話なら冗談も交えてできるくらいにもなっていて、もう帰りたくないとすら思うほど楽しかった。
でも期限は1年。
あっという間の1年を過ごし、ホストファミリーとの涙のお別れをし、日本に戻る。
高校では朝礼で英語で挨拶をしろとみんなの前に立たされたのは面倒だったな。

 

その後はバイトに明け暮れて留学資金を貯めて、卒業と同時にまたオーストラリアへ。
両親は放任主義な方だから、好き勝手やらせてくれて感謝してる。
ホストファミリーに連絡してから行って、しばらくは泊まらせてもらえてたものの、さすがに1ヶ月が過ぎた頃には家賃代わりに何かしなければ追い出されそうな空気を感じることも増えてきた。

 

それで仕事を探し始めたものの、雇ってくれる所が全然見つからない。
外国人と言うのは相当なハンデを背負ってることにこの時気付いた。
だったら逆に外国人ならではの仕事ってないのかなと考えた結果、浮かんだのは日本語教師だった。

 

早速日本語教師の求人を探してみると、運が良いことにすぐにいくつか見つかった。
2箇所面接を受けに行き、日本人の方が面接してくれた日本語学校で無事採用。
日本人同士なのに途中英語での会話を求められたけど、しっかり答えられたのが大きかったんだと思う。
だって、日本語教師としての知識も経験もないのに、英語が喋れないんじゃどうしようもないですからね。

 

ホストファミリーに日本語教師として働くことが決まったと伝えると、すごく喜んでくれた。
もちろん家賃もいくらか払うと伝えたけど、就職が決まったなら部屋を借りた方が良いと言われてしまった。
近所に住んでる知り合いの大家に話を通しておいてあげるからと促され、次の日にはその大家さんの元へ。
12畳のワンルーム、一人暮らしには十分な広さで家賃も手頃、敷金礼金みたいなのは知人の紹介だからいらないと破格の条件。
すぐに入居を決めて、引越し。
引越しも、荷物が全然ないから30分で終わった。

 

次の日には初出勤。
と言っても最初は研修として、先輩の授業を教室の後ろから見学するだけ。
この学校では初心者生徒が多いので、間接法と言って英語を使って日本語を教えるのが8割くらい。
だから英語が話せないとやっていけないのも当然で、面接でちゃんと話せることを証明できたのは大きかったんだろうな。

 

5回くらい見学した後は、模擬授業。
授業と言っても、あいうえおから始まって簡単な挨拶とかの単語を教えるだけだから、日本語教師ならではの知識は不要。
それでも生徒からの不意の質問には答えなきゃいけないし、ある程度のアドリブ力みたいなものは求められたかな。

 

模擬授業で合格点をもらえたら、晴れて教師デビュー。
日本語を勉強したいオーストラリア人は比較的若い人が多くて、30代以上はかなり珍しくなる。
私が19歳だったから、歳の近い生徒たちに教えるのは何だか留学時代を思い出した。
自分が何をしてもらったらありがたかったかとか思い出しながら授業をすることで、かなり生徒ウケが良かったらしく、結構な人気教師になれた。
授業は常に満席、予約も殺到。
生徒からはもっと高いレベルの授業もしてほしいって要望が増えてきて、でもそんな知識ないしで困った状態に。

 

先輩教師に相談すると、今のままで良いと思うなら今のままで良いだろうけど、もっと日本語教師として実力を付けたい、生徒からの要望に応えたいって気持ちが少しでもあるなら、そろそろ本格的な勉強を始める時期なのかもしれないねと言われた。

 

生徒たちに頼られている実感あり、やりがいも感じ始めていた日本語教師。
ちゃんと勉強して、堂々と日本語教師と名乗っても恥ずかしくない知識を身に付けるのもいいかなと思った。
しかし、そのちゃんとした勉強は一度帰国しないとできないことがわかった。
先輩教師は日本語教師育成のプロと言うわけではないし、そもそも授業で忙しくて暇がないこと。
近所に日本語教師の学校みたいな所もないこと。
しばらく考えたけど、集中すれば3ヶ月もあれば勉強は終わるとのことで、両親に連絡して一時帰国することに。
大家さんに相談したら、何といない間の家賃は半分でいいとのこと。
ありがたやー。

 

早速帰国して、日本語教師育成講座に申し込み。
420時間って言う基準になる勉強時間があって、これをクリアすると新米日本語教師として名乗っても恥ずかしくないレベルになるんだとか。
余裕を持って帰国期間を4ヶ月にしていたものの、3ヶ月で420時間はかなりハード。
ほぼその勉強しかできなくて、地元の友達と遊んだりとかはほとんどできなかった。
それでも将来やりたいことを見つけたような気がして、そこに向かって進んでいることに不満は全く感じなかった。

 

ちなみに、この420時間のカリキュラム以外だと、日本語教育能力検定試験と言うのに合格することが日本語教師としての第一歩になる。
日本語教師求人の応募条件は、420時間修了もしくは検定合格のどちらかになっていることが多い。
もちろん私のように、未経験で資格もないような身分でも雇ってもらえる場合はあるけど、それは一般的ではないはず。
もし日本語教師になりたいと思うなら、このどちらかはクリアしておくべきでしょう。
この試験対策に通信でも勉強できるみたいだから、通学が難しい状況にいる人は検討してみてもいいかも。
日本語教育能力検定試験 通信」って検索したら出てくるサイトを参考にしてみて下さい。

 

そして420時間のカリキュラムを終え、日本語教師としての基礎知識をばっちり身に付けた私。
オーストラリアへ戻るまで2週間以上残していたので、久しぶりに両親とのんびりと過ごすことができた。
さすがにこの時ばかりは、戻るのが少し嫌な気持ちになったのを覚えています。
やっぱり一番落ち着くのは実家だと、しみじみ思いました。
近所にある常連だった健康ランドにも行けて、温泉に浸かってゆっくりする時間は他では味わえない幸せな時間。
久々に会った番頭さんが覚えてくれてて声をかけてくれたのが嬉しかったな。
海外で働いてることを言ったらすごく驚いてて面白かった。

 

そしてオーストラリアへ戻り、日本語学校へ早速出勤。
その日は授業があるわけではなかったけど、日本でのことの報告をしに。
すると、私を見つけた生徒がもうダッシュで飛び付いてきて、「ドコ行ってたの〜!?辞めちゃったのかと思ってた〜!」と涙目…。
確かに何も事情を説明してなかったけど、先輩が何か言ってくれてるだろうと思ってた。
改めて、空いてる教室で受け持っていた生徒を集めて説明すると、みんな大喜び。
これまでよりももっと難しい日本語を、私から習えることが本当に嬉しいと、みんな口を揃えて言ってくれてすごく嬉しかった。
やっぱり自分の今の居場所はココなんだと、はっきりと自覚しました。

 

それからもう4年が経つけど、日本語教師として毎日楽しく過ごしている。
生徒が日本に留学したり、日本の企業と取引のある会社に就職が決まったりと、何だか人生に大きな影響を与えられてるような気がしてすごくやりがいを感じている。
何となく仕事をしなきゃと軽い気持ちで始めた日本語教師が、今となっては天職だと思えてるのは幸せなことだと思う。
これからも生徒に良い影響を与えられて、恩師と言ってもらえるような教師を目指しながら頑張っていきたいですね。

健康ランドのススメ

ここからは蛇足ですけど、私が大好きな健康ランドについて。

 

健康ランドって言うのは大きな銭湯みたいな感じ。
いろんな種類のお湯があって、健康的なのはもちろんだけど楽しい。
休みの日にずっといたこともあるくらい私は好きで、オーストラリアにないのが悲しい…。

 

私が好きなのは、まず最初に漢方の湯。
独特のにおいがあって苦手な人も多いかもだけど、すごく温まるしそのにおいがまた健康になりそうでたまらない。
その後はジェットバス。
グイグイ圧をかけられて揉み解される感覚が最高。
肩、腰が凝ってるなーって人には特にオススメ。
最後に、熱めとのお湯と水風呂に交互に入る、交互浴。
最近話題になってるみたいだけどこれは本当にすごい。
やったことのある人にしかわからない感覚があって、体がシャキっとするのがわかる。
何かだるいなー疲れてるなーって人は一度試してもらいたい。

 

他にも、その時々で違うお湯があったり、飽きない。
お風呂から出た後はマッサージ器に座るも良し、畳部屋でごろごろするも良し。
こんなこと書いてるとおっちゃんっぽいかもしれないけど、意外と女の人も多い。
だから出会いの場にもなったりしてるのかも。
混浴って意味じゃなく、出た後のロビー周りでの話ですよ。

 

私は1人で行く方が多いけど、たまに友達を連れて行くとみんなハマってた。
もうちょっと注目されるきっかけさえあれば、健康ランドブームがくるかもしれません。
料金は1日中いても、大体1500円くらい。
健康ランドによっては泊まれて、それでも2000円くらいです。
ここまで読んでくれたなら、是非一度は行ってみて下さい。
必ずその魅力にとりつかれますよ。